中央競馬予想

東京新聞杯予想2021 激戦必至の難解なメンバー構成

東京新聞杯

日曜の東京メインは東京新聞杯。

直近1年でマイルの重賞を制した馬が2頭のみと、それだけで難しいメンバー。

更には前年好走馬シャドウディーヴァに加えて、東京巧者ダイワキャグニーがどこまでやれるか。

日本ダービー4着馬のサトノインプレッサの距離短縮、ロイヤルブルーの勝負服を身に纏うルメール騎手と、見所は沢山ありますね!

それでは、早速ですが予想です。

東京新聞杯 予想家の見解

血統予想Sのコメント

◎トリプルエース

△サトノウィザード
△トライン
△ヴァンドギャルド

☆ロードマイウェイ

キーワードは
→昨年よりもスロー
→枠の悲喜こもごも
→乗り替わりにみる本気度

昨年よりもスローになるということは、シャドウディーヴァは内に潜れるか微妙で、そうなると岩田親父の奥義イン突きができるかは微妙である。

前走スタートで「しくじった」トリプルエースは「冷静な判断」で団野騎手を下ろし、青い勝負服にルメール。

連勝中のレースを見ている限りは、直線急坂コースの方がいいタイプかもしれないが、充実期に入る4歳アタマなら、一気の覚醒も頭に入れておきたい。

今をときめく斉藤崇厩舎、クロノジェネシスに続く看板馬の登場にも期待がかかる。

相手はご覧の通り。

例年通りの内枠有利。
好枠を利して、ロスなく立ち回れる馬を中心にチョイス。

カナロアの色が出てき始めたサトノウィザードは今回こそ。
前走は内枠、好位有利な中山マイル戦で、大外枠に加えて出遅れという最悪なパターン。

本来なら乗り替わりレベルのやらかしを、勇退間近なマツクニ先生の温情で泣きの1走。
このレースに賭ける意気込みはアツい。

タイムフライヤー回避で残された重賞機会はごく僅か。
その心意気に応えられるか。

同様に京都金杯では全くレースに参加できなかったロードマイウェイも、そろそろ復調気配。
ジャスタウェイ×ジャングルポケットなら、やはり戦績が示す様に東京向きの感。

元はといえば連勝で重賞も勝っている馬で、その馬が57kgで出れるのは、ある意味反則。

逆転候補はこの馬。

その横山武史を見る形で不気味なのは、親父のノリさん。
今の東京芝で、ディープ産駒は無条件で加点評価が必要。

そういう意味では、トラインには少なからず印は必要。

最後に実績上位のヴァンドギャルドには敬意を表して。
ただ、デキはイマイチみたいだが、このメンバーでは格が違う。

 

自信度
回収見込

 

データ予想Tのコメント

◎ヴァンドギャルド
○シャドウディーヴァ
▲サトノインプレッサ
△ダイワキャグニー
△トリプルエース
☆プロディガルサン

上位4頭がメインだが、下2頭は穴狙いで。大きく狙って見るなら馬券に含めて勝負したい。

自信度
回収見込

 

ジョッキー予想Mのコメント

◎ヴァンドギャルド
○シャドウディーヴァ
▲カラテ

今回鞍上を務める福永騎手と、本レースと同じ東京1600m戦である富士ステークスを制しているヴァンドギャルドを軸に。

府中牝馬Sの2着馬シャドウディーヴァのような重賞戦実績馬、そして重賞未経験ながら近走好調なカラテに印をつけました。

前夜段階ではそこまで人気が偏っていないため、配当面に期待をかけつつ、馬券としては以下のように組み立てたい。

自信度
回収見込

 

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ