中央競馬予想

2018天皇賞(秋)予想 出馬表と過去のデータや血統 予想家の印

天皇賞(秋)

天皇賞(秋)の予想になります。

過去のデータや出走馬の血統から消し馬、軸馬選定の参考にご利用ください。

3年連続1番人気が絡んでいるため、人気は要チェック。

それでは血統と各データを見てみましょう。

 

ステップレース

毎日王冠
2018/10/7 東京 芝1800m
1着 アエロリット
2着 ステルヴィオ
3着 キセキ

オールカマー
2018/9/23 中山 芝2200m
1着 レイデオロ
2着 アルアイン
3着 ダンビュライト

札幌記念
2018/8/19 札幌 芝2000m
1着 サングレーザー
2着 マカヒキ
3着 モズカッチャン

 

天皇賞(秋)に参戦予定の馬は、レイデオロ、アルアイン、キセキ、サングレーザー、ダンビュライト、マカヒキの7頭。

その他も全部気になる馬…混戦模様と言えるだろう。ただし実力を見てみると、ある程度人気は分かれそう。

 

天皇賞(秋) 出走予定馬とその血統

騎乗予定出馬予定性齢斤量母父
大野アクションスター牡858アグネスタキオンレディオブヴェニスLoup Solitaire
北村友アルアイン牡458ディープインパクトドバイマジェスティEssence of Dubai
川田キセキ牡458ルーラーシップブリッツフィナーレディープインパクト
田辺サクラアンプルール牡758キングカメハメハサクラメガサンデーサイレンス
モレイラサングレーザー牡458ディープインパクトマンティスハントDeputy Minister
Cオドノヒステファノス牡758ディープインパクトココシュニッククロフネ
Mデムーロスワーヴリチャード牡458ハーツクライピラミマUrbridled’s Song
戸崎圭ダンビュライト牡458ルーラーシップタンザナイトサンデーサイレンス
○○ディアドラ牝456ハービンジャーライツェントスペシャルウィーク
横山典ブラックムーン牡658アドマイヤムーンロイヤルアタックジェネラス
武豊マカヒキ牡558ディープインパクトウィキウィキフレンチデピュティ
和田ミッキーロケット牡558キングカメハメハマネーキャントバイミーラヴPivotal
ルメールレイデオロ牡458キングカメハメハラドラーダシンボリクリスエス
○○ワグネリアン牡356ディープインパクトミスアンコールキングカメハメハ
福永ヴィブロス牝556ディープインパクトハルーワスウィートMachiacelian

キングカメハメハ産駒、ディープインパクト産駒がメインとなりそう。ただし過去のレースを見るとキングカメハメハ産駒は過去5年で1頭だけとなっている。

 

天皇賞(秋) 過去10年の配当

単勝馬連馬単三連複三連単
173109001,66015,29055,320
163602,4203,7007,43032,400
153407,34010,39024,850109,310
141,1003,1406,7802,85023,290
131,5501,1904,5101,40014,310
121,6603,2508,9803,99039,520
113,3307,02023,56022,790214,010
102201,0301,6601,6807,480
91,15016,49029,2709,970102,110
82705501,0507103,250

人気決着だと安い配当だが、小荒れ、中荒れを見込んでみても良いだろう。

 

天皇賞(秋)の枠番、枠順傾向

枠番では

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠0-2-0-70.00%22.20%22.20%
2枠1-0-0-910.00%10.00%10.00%
3枠0-0-1-90.00%0.00%10.00%
4枠3-0-1-630.00%30.00%40.00%
5枠1-1-0-810.00%20.00%20.00%
6枠0-0-0-100.00%0.00%0.00%
7枠0-2-1-100.00%15.40%23.10%
8枠0-0-2-120.00%0.00%14.30%

4枠の勝率が高い。

馬番では

馬番着別度数勝率連対率複勝率
1番0-1-0-40.00%20.00%20.00%
2番0-1-0-40.00%20.00%20.00%
3番0-0-0-50.00%0.00%0.00%
4番1-0-0-420.00%20.00%20.00%
5番0-0-0-50.00%0.00%0.00%
6番0-0-1-40.00%0.00%20.00%
7番2-0-0-340.00%40.00%40.00%
8番2-0-1-240.00%40.00%60.00%
9番0-1-0-40.00%20.00%20.00%
10番0-0-0-50.00%0.00%0.00%
11番0-0-0-50.00%0.00%0.00%
12番0-1-0-40.00%20.00%20.00%
13番0-0-0-50.00%0.00%0.00%
14番0-1-1-30.00%20.00%40.00%
15番0-0-1-40.00%0.00%20.00%
16番0-0-1-30.00%0.00%25.00%
17番0-0-0-40.00%0.00%0.00%
18番0-0-0-30.00%0.00%0.00%

7,8番が枠と同様勝率が高い点には注目したい。

あなたが選ぶ軸馬がどこに入るかで再検討しましょう。

 

補足データ分析

いいデータを沢山載せていきたいと思います。

(×)馬体重520kg以上
例外はペルーサとキタサンブラック。
ペルーサは、その前年に502kgで2着していた。
キタサンブラックの昨年は、勝ちタイム2分8秒台が示す歴史的不良馬場だったため、例外視していいかもしれない。

(☆×)外国人騎手騎乗馬を除く、当日馬体重-5kg以上、
ある程度仕上がった状態で、ここに臨む馬の方がいい、という事なんでしょうね。
人気馬でも、何とか絞って間に合った感じの馬は減点OK。

(△)3枠
過去10年、最高で3着まで。人気馬でも本命視はどうか…

(☆×)5枠
過去10年で馬券に絡んだ2頭はいずれも1番人気。
当日人気には注意したい。

(☆◎)過去天皇賞秋5着以内実績有
とにかく、リピーター率が高いこのレース。
古馬一線級で長く活躍してる証でもありますが、直近でもイスラボニータ、ステファノス、ジェンティルドンナなど、挙げればどんどん名前が出てくるほど。

(×)前走8月と9月
例外は、札幌記念からのローテだったモーリスと、セントライト記念から菊花賞を使わなかった3歳馬イスラボニータ。

(×)前走G1、G2以外
当たり前ですが、格下レベルからの参戦では好結果は出ていません。

(☆×)前走東京、京都、阪神以外
これも例外はモーリスとイスラボニータ。
ここでのミソは、前走中山も×なこと。
イスラボニータのセントライト記念は、新潟での代替開催。

(×)G1馬、外国人騎乗馬を除く、前走6着以下
例外はペルーサ。ただし、前述の通り。リピーター適性有。

(×)前走8番人気以下
このレースが荒れるのは、人気馬同士の激突により、人気の盲点が生まれるため。
前走から人気のない馬にはノーチャンス。

(☆◎)前走上がり最速
府中の長い直線の脚比べ、強い馬は最後までしっかり伸びきります。

(×)G1馬を除く、前走10着以下
リアルスティール (ドバイでG1勝ち)のせいで、G1馬を除く、という括りになったのは内緒です。

(☆×)当日10番人気以下で、乗り替わり
ここでのポイントは、上位人気の乗り替わりは、意外と結果がしっかりと出ていること。

(☆○)外国人騎手
先週の記憶も新しく、天皇賞もそれ。
ルメールデムーロ、ムーアにピンナ、ベリー、スミヨン、メンディザバル…いやいや、多いな…。。。
今年も有力馬に色々乗りそうですね。

ここまで色々書きましたが
投げやり的にまとめると

→東京の2000or2400mでの重賞勝ち歴あり
→G1馬もしくはG1連対馬
→その上外国人騎手であれば、尚良し
→その上、リピーターなら鬼に金棒

 

天皇賞(秋) 確定枠順と予想家の印

枠番馬番馬名騎手血統SデータT騎手M
ステファノスCオドノヒュー
ブラックムーン横山典
ヴィブロス福永
レイデオロルメール
スワーヴリチャードMデムーロ
マカヒキ武豊
アルアイン北村友
ダンビュライト戸崎圭
サングレーザーモレイラ
10キセキ川田
11ミッキーロケット和田
12サクラアンプルール田辺
13アクションスター大野

 

天皇賞(秋) 血統Sの予想

◎スワーヴリチャード
○マカヒキ
▲ヴィブロス

近年の天皇賞は、臨戦過程がバラバラになりつつある。
以前は10月頭の東西2重賞が王道だったものが、今年はなんと毎日王冠からの参戦馬が2頭、京都大賞典に至ってはゼロである。

ここのところ猛威を奮っているのが、俗に言う
「外厩調整」
であり、その弊害として、休み明けの概念がかなり変わってきてしまっている。

話を元に戻して、スワーヴリチャードに本命を打つためには、1つだけ当日気にしないといけないデータが存在する。

→馬体重が520kgを下回っているか。

これである。
木曜日時点での馬体重公表は530kg。何事もなければ、大体20kg程減るのだが…。

全く同じ事が言えるのは、マカヒキもであり、この2頭は直前まで取捨選択の迷いが続く。
ただし、マカヒキは涼しい季節に好走する傾向が高い。
昨年も徐々に調子を上げてきた矢先に骨折。

今年は陣営も意地のメイチ仕上げだろう。

実は密かに期待してるのは、▲にしたヴィブロス。
根幹距離を走るのは、3歳の秋華賞以来。
ふと気付いたのだが、この馬はドバイのG1勝ちがあるものの、実は根幹巧者なのではないか、と。

たしかに牡馬混合の国内G1では、今のところ結果は出ていないが、意外と根幹距離のG1で、周囲をあっと言わせる好走があるのではないか。

この3頭で、手をあまり広げずにいきたいのが今年の天皇賞。
ただし上位2頭の馬体重で、片方でも切れるのであれば、ルメールのレイデオロは抑えに回すかもしれない。

天皇賞(秋) データTの予想

◎スワーヴリチャード
〇ダンビュライト
▲サングレーザー
△ヴィブロス
△マカヒキ
☆??????
注??????

頭はある意味固定でもいいかもしれない。その代わり他の印は3着候補。

〇▲☆注を重要視したい。大荒れは見込めないかもしれないが、中荒れは大いにあるレースとなりそうだ。

天皇賞(秋) ジョッキーMの予想

◎レイデオロ
○スワーヴリチャード

△マカヒキ
△ヴィブロス
△アルアイン
☆キセキ

馬券としてどう買うかはさておいて、
ジョッキー党としてはルメール騎手・デムーロ騎手は切れないのかな、というのが今回の布陣を見た第一印象。

どちらも入れるのか、軸をどちらか一方に設定して漏れ無く買うのか。その辺りはオッズとも要相談である。

というわけで、今回はヒモをどこに設定するのかに一番頭を悩ませたわけですが……

実力を勘案するとマカヒキ・ヴィブロス・アルアインあたりが順当かなという印象を受けました。

そういえば、武豊騎手は平成最初の天皇賞を春・秋ともに制しています。
(春はイナリワン、秋はスーパークリーク)
平成最後の天皇賞・秋も制するのか?その点にも注目したい。

なお、今回の☆はキセキに打った。
今年に入ってから成績の振るわなかったキセキでしたが、毎日王冠で見事馬券圏内に。
そんな激走を、毎日王冠でタッグを組んだ川田騎手ともう一度見たい、という応援馬券要素があるので、買い目に入れるかの判断はお任せします。

上記を含めた実際の買い目はこちらから!↓

 

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ