中央競馬予想

チャレンジカップ予想 過去レースを見ると今年は1番人気が来る

チャレンジカップ

土曜の阪神メインはチャレンジカップ。

「朝日チャレンジカップ」の名称で長く親しまれていたレースです。

2012年から現在の冬の阪神開幕週に移行し、それと同時に一度は1800mに変更になりましたが、一昨年から2000mに距離が戻りました。

奇数年に1番人気が勝利し、偶数年に勝てないという謎のジンクスがあり、今年は「2019年」。
順番でいうと、今年は1番人気馬安泰の番なハズです。

今年は12頭立て。
ここ数年同様少頭数ですが、デットーリ、ルメール、ムーア、スミヨン(ぎっくり腰の影響は…?)
の外国人旋風に加え、昨年の小倉記念以来の復帰戦となるトリオンフ、G3大将になりつつあるステイフーリッシュなど、意外と見所は満載です。

では、予想にいきましょう。

伝説の大川慶次郎予想情報
→無料1点公開←

まだ登録してないの?無料情報は駆使しなきゃもったいない!

チャレンジC 過去10年のデータ

過去の配当

単勝馬連馬単三連複三連単
18270円1,620円2,230円5,260円19,540円
17350円1,540円2,370円2,280円12,120円
161,540円7,460円15,950円74,740円470,230円
15290円690円1,140円8,180円27,650円
141,520円12,050円22,430円33,620円167,840円
1,850円4,480円118,990円
13390円7,090円10,220円26,130円119,330円
121,610円7,050円15,310円164,550円901,440円
11610円3,940円6,410円3,760円27,480円
10390円650円1,290円1,420円5,660円
092,420円6,580円16,150円6,160円60,260円

2011年以前は9月開催、一昨年から2000メートル開催(過去1800メートル)のため統合性の取れるデータを用意できませんでした。

チャレンジC 出馬表と印

枠番馬番馬名性齢斤量騎手SM
11ブレステイキング牡456ムーア
22ギベオン牡456デットーリ
33ベステンダンク牡756和田
44ロードマイウェイ牡354ルメール
55ブラックスピネル牡656スミヨン
6ケイアイノーテック牡457
67トリオンフセ556岩田康
8ハッピーグリン牡456武豊
79ステイフーリッシュ牡456中谷
10ノーブルマーズ牡656川田
811テリトーリアル牡556藤岡康
12ゴーフォザサミット牡456北村宏

チャレンジC 予想家の見解

チャレンジC予想 血統予想Sのコメント

◎ギベオン

△テリトーリアル
△ステイフーリッシュ
△ケイアイノーテック

キーワードは
→外国人騎手に人気集中も…
→外回りと内回り
→内回りはCW
→G3の2000mだからこそ

岩田息子で毎日王冠を叩き、デットーリを用意した吉田照哉総帥。
日曜日にはチャンピオンズカップもあるが、間違いなく土曜日の1番馬はコレ。

栗東CWで49秒台を叩くのは、いくらハロー駆け直後とはいえ、これはメイチ。

瞬間最大風速で出世してしまったメールドグラースとも、何戦か前には僅差の接戦を演じていて、ヨーイドンにならない内回りの2000mなら、ここは強気に首位戦線。

相手の印はご覧の通り。
こんな時だからこそ、相手は日本人騎手の馬を中心に。

乗り替わらない前走好走馬が中心で、基本的にこのレースは小回りコースからの転戦組や、カシオペアステークス組の好走が多いのは、過去の結果を見ても明らか。

最後に阪神コース「だけ」なら見直せるケイアイノーテックまで。
明日のG1に出走するゴールドドリームとの併せは、実に迫力十分。
お互いに、これで負けたら仕方ない。とも言える追い切りだった。

人気が予想される、外国人騎手が騎乗する馬を総括すると
「外回りのヨーイドン部隊」
である。
ロードマイウェイの若駒ステークスの負け方、ブレステイキングの初長距離輸送は、さすがに買い要素が薄い。

 

自信度
回収見込

 

チャレンジC予想 ジョッキー予想Mのコメント

◎ステイフーリッシュ
○ノーブルマーズ
▲ブレステイキング

札幌記念こそ残念な結果に終わっているが、鳴尾記念・函館記念・福島記念と、

本レースと同距離の2,000mのG3戦で好成績を残しており、

かつ乗り慣れた中谷騎手とのタッグで今回も参戦するステイフーリッシュを今回は本命としたい。

続いて、対抗は小倉記念の3着馬ノーブルマーズ。

近走成績こそ振るわないものの、夏以来の距離短縮である。

また、長らくコンビを組んできた高倉騎手から川田騎手への乗り替わりで、ここでもう一度花開く姿が見たいところでもある。

なお、単穴にはブレステイキングとしました。

重賞戦参加は昨年の夏の終わりのセントライト記念以来となりますが、

ここまで平場のレースで順当に成績を残してきており、外国人騎手との相性も決して悪くなさそうである。

ムーア騎手とは初タッグとなるが、ここもいい化学反応が期待できそうである。

最後に、いつも買い目には入れ忘れないようにと書いているスミヨン騎手に関してですが、

先日行われた浦和記念での騎乗変更もあり、コンディション面がどうなのか気がかりなところ。

今回もヒモには入れる予定ですが、本レース含め、じっくりと見守っていきたい。

自信度
回収見込

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ