コラム

紫苑ステークス回顧 ハーレムラインは次戦狙い目か!?

秋競馬がスタートして、メイン重賞は荒れずといった結果でしょうか?

夏は牝馬!荒れる!と毎年いわれていますが、春、秋は実力主義なところも見受けられます。

さて、次回は3連休で、セントラル記念、ローズステークスが行われます。

データは集めてきたので、時間ができ次第徐々にアップ予定!

しっかり当てに行きましょう。ということで紫苑ステークスを振り返ってみましょう。

 

紫苑ステークス回顧

血統Sの予想

1着△ノームコア
2着 マウレア
3着 ランドネ

5着◎ハーレムライン

データTの予想

1着▲ノームコア
2着◎マウレア
3着 ランドネ

5着△ハーレムライン
8着〇オハナ
13着☆サラス
14着△レッドベルローズ

ジョッキーMの予想

1着▲ノームコア
2着△マウレア
3着 ランドネ

7着〇クイーングラス
13着◎サラス
14着△レッドベルローズ

◯クイーングラス

タイム:1.58.0
ペース:60.1-57.9
上がり:4F46.0 3F34.2

ノームコアに秋の可能性を感じる一戦となった。
ランドネがマイペースで運び、最初の1000m通過は開幕週の馬場を考慮すると、平均やや遅か。

ノームコアは4コーナーを回り、前が空いた瞬間の抜け出す脚が素晴らしく、あとは後続を突き放す一方。
この3馬身差は字面以上の価値があるが、果てさて、本番(秋華賞)は誰が乗るのであろうか。
逆を言えば、大横綱アーモンドアイ&ルメールはライバルになる馬の「脚比べ」に成功したと考えると、本番ではこの作戦は通用しなくなる訳で。誰がこの馬に乗るか、それも見ものである。

2着以下は特筆すべき点はなかった。
予想記事にも書いたが、やはりそのレベルのメンバーだったと言う事。

マウレアは出走メンバーの中で春実績最上位だったものの、かろうじて2着確保が精一杯。
また、レース後に脚元の不安が見つかったため、本番の出走は未定とのこと。

本命にしたハーレムラインは、3〜4コーナーで勝った!と筆者が思う程の抜群の手応えも、坂上で終了。申し訳なかった。
さすがに馬体重+26kgで息が持たなかったか。
ただ、春に無理をせず休んだ効果は間違いなくあった。
この馬のポテンシャルなら、そう遠くないうちに重賞の1つや2つはすぐに獲れるはず、そんな思いを馳せた4コーナーの伸び脚だった事を書き記しておく。

 

まとめ

やはり次走以降気になるのは「ハーレムライン」か。マウレアは辛うじての2着、そして脚元の不安から狙いづらい部分がある。ノームコアの実力が分かったところで、秋華賞がどうなるか見物です。

あと、名前があがらなかったパイオニアバイオ。

4着クビ差でハーレムラインより前に入っている。この馬の存在も忘れちゃいけない。

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ