中央競馬予想

小倉2歳ステークス最終予想! 3名の予想家の印が見れる!

小倉2歳ステークス

小倉2歳ステークス。

夏の小倉も最終週になりました。前哨戦フェニックス賞組が狙い目ですが、それ以外にも未勝利戦でレコードを出した馬もいる今回のレース。

台風の影響もありそうな日曜日ですが、馬場の状況も加味して3名の予想家のデータを公表します!

過去10年の枠順、枠番傾向

枠番着別度数勝率連対率複勝率
1枠0-1-2-120.00%6.70%20.00%
2枠1-1-2-145.60%11.10%22.20%
3枠3-1-1-1415.80%21.10%26.30%
4枠2-0-1-1610.50%10.50%15.80%
5枠0-0-2-180.00%0.00%10.00%
6枠0-0-0-200.00%0.00%0.00%
7枠2-4-1-149.50%28.60%33.30%
8枠2-3-1-188.30%20.80%25.00%

 

馬番着別度数勝率連対率複勝率
1番0-0-2-80.00%0.00%20.00%
2番0-2-1-70.00%20.00%30.00%
3番2-0-1-720.00%20.00%30.00%
4番1-0-1-810.00%10.00%20.00%
5番1-0-0-910.00%10.00%10.00%
6番0-1-0-90.00%10.00%10.00%
7番0-0-1-80.00%0.00%11.10%
8番2-0-0-820.00%20.00%20.00%
9番0-0-0-100.00%0.00%0.00%
10番1-0-2-710.00%10.00%30.00%
11番0-1-0-90.00%10.00%10.00%
12番0-1-0-80.00%11.10%11.10%
13番1-1-2-610.00%20.00%40.00%
14番0-3-0-60.00%33.30%33.30%
15番0-0-0-80.00%0.00%0.00%
16番1-1-0-320.00%40.00%40.00%
17番1-0-0-325.00%25.00%25.00%
18番0-0-0-20.00%0.00%0.00%
18番0-0-1-60.00%0.00%14.30%

 

過去10年の配当

単勝馬連馬単三連複三連単
17700円3,170円5,810円13,240円66,780円
16390円4,990円7,850円12,530円57,690円
15150円1,590円1,910円5,600円16,700円
1412,020円21,630円64,410円38,210円472,690円
13460円720円1,630円1,280円6,010円
12360円3,540円5,310円25,340円103,020円
11390円560円1,120円11,200円36,690円
10360円790円1,300円6,370円23,440円
9360円2,900円4,650円8,670円42,450円
8750円12,570円23,800円6,230円58,580円

 

予想家3名の印はコレだ!

枠番馬番血統予想Sデータ予想T騎手予想M馬名騎手
チュウワフライヤー川又
エイシンノホシ酒井
ルチアーナミノル浜中
セプタリアン北村友
シングルアップ松山
ファンタジスト武豊
カシノティーダ高倉
ミヤジシルフィード和田
アズマヘリテージ荻野極
10アーデントリー太宰
11タムロドリーム川須
12ブルベアオーロ
13タガノジェロディ鮫島駿
14ジャカランダシティアヴドゥラ

 

血統Sの予想

小倉2歳ステークス予想

◎ファンタジスト

△シングルアップ
△ルチアーナミノル
☆タムロドリーム

週の前半にシングルアップのアラ探しという記事を書き、どの順列に置くかが最大の問題であった。
フェニックス賞の勝ち方にまだまだ余裕が見えた事や、完成度の高さ、本来なら本命にすべきなのだろうが

「調教内容の悪さ、追い切りタイムが前走よりも落ち過ぎ」

ここは最大の問題点。
前走よりもデキ落ちが見えかかってる馬に本命なんて打っていいのか?と。

やはり小倉2歳ステークスは完成度の高さと、夏のこの時期にへこたれない体力をつけた馬が本命になるべきである。

◎はファンタジストとした。
とにかく調教が2歳馬のそれとは思えない程。
ラスト1F11秒台を2週連続記録するのは、絶好調なのか、はたまた将来の調教番長なのか、まだ見極めは出来ていないが、これは先行投資する価値があると見た。

前走でかなり早いペースで逃げ切った馬が多数おり、間違いなく今回もハイペース必至。
そんな中この馬は将来を見据えてなのか、終始番手キープからの好位抜け出し。
レースぶりもかなり優等生タイプに見え、ここはいきなりの重賞制覇もあると見た。

父ロードカナロアは説明不要の短距離界の雄。
距離不適、といった心配は皆無に等しい。

あとは短評程度に。
シングルアップについて考えた1週間、果たしてこの印でいいのか?
と、未だに悩んでいる金曜日の夜。
フジキセキ×クロフネの血統背景から芝の重賞勝ち馬輩出ゼロ。母父がデピュティミニスター系以外なら、もう少し迷い成分は低かったかもしれない。

そして何より調教が軽い、軽すぎる(十万石饅頭のCMをイメージしてください)笑
坂路調教を1本も入れず、単一コース馬なり調教で短距離重賞が勝てるのか?

しかし何と言っても2勝馬。
フェニックス賞1番人気1着という実績は、当たり前ながら最上位。
完成度を求められるレースにおいての、取捨データの優先項目は一体何なんだろうか。

この記事を執筆中に拾ってきた、最後にシングルアップを本命から外したデータを紹介する。
→馬体重500kg以上の馬は、過去未勝利。
これがとどめを刺して△評価まで落ちた。

データ(記録)は、破られる為にある。この馬がジンクスを破っても不思議は何もないが。。。
もちろん、敬意を評しての△、▲にほぼほぼ近い印である事を追記しておく。

ルチアーナミノルの鞍上強化は既定路線だった模様。
浜中騎手志願の騎乗のようで、本気ぶりが見て取れる。
ここ数年の3着内騎手名を見ると、至る所に武豊騎手と浜中騎手の名前が登場する。
ちなみに、この馬主、調教師、騎手ラインで制覇したのが、後の桜花賞馬レーヌミノルであった。

嫌なデータとしては
→出走メンバー中、芝1200mの持ちタイム最速馬は、過去未勝利。
これ。オカルトチックかもしれないが、なぜか勝てない。
ベルカントなどもそのジンクスに飲み込まれた。

最後にしれっと名前を出したタムロドリーム。
実はデータ消去法で、何1つとして引っかからなかったのである。
近親に活躍馬もなく、父も新種牡馬ジャスタウェイ。
全く持ってのノーマーク。
父は現役時代キレッキレの瞬発力タイプだったこと、ドバイターフでレコードタイム更新、天皇賞秋でハマった際の独走。
型にハマった時の大駆けは本当に怖い。
この馬も数少ない、栗東坂路54秒台の上に加速ラップ。
小倉1200mで穴をよく開ける調教タイプに合致している。

この馬の未知なる可能性に、ポケットに入っているじゃら銭レベルで投資するのは、案外アリだと感じたのである。
この馬だけは単複馬券も少し買ってニヤニヤ。

人気が予想されるセプタリアン、そのセプタリアンに新馬戦で土をつけたジャカランダシティの同じ勝負服。
前走7/10より前。データ消去法の項目で挙げた通りである。
また、騎乗場所の都合とはいえ、この乗り替わりには申し訳ないが、鞍上弱化の感が。
特に、来日初年度のアヴドゥラ(一部界隈ではブッチャー、とも呼ばれているみたいだが)に、小倉1200mの大外枠は不利以外の何物でもない。

個人的には、ジャカランダシティの母ムーンライトダンスはPOG(いつか記事書きます)で指名していただけに、そちらの意味では感慨深い。
ここは親目線として、レースを楽しむ。

データTの予想

◎ルチアーナミノル
走破時計メインで考えても大外れはないと思う。前走のままうまくいけば大本命。

〇シングルアップ
前哨戦フェニックス賞1着ということで人気間違いなし。心配要素は別記事参照
それでも対抗として選びます。

△チュウワフライヤー
フェニックス賞2着。無理せず進めたとしたらここは一発あるかもしれない。

△ミヤジシルフィード
スタートの早さが目立った新馬戦。勝負所で動きが良かったことが選んだ理由。

△アーデントリー
フェニックス賞3着。逃げ粘りだったが、今回も前前で運べれば同じ結果も?

△ブルベアオーロ
新馬戦最後の直線を叩き合いを制し勝利した。気合いで乗り切る可能性アリ。

ジョッキーMの予想

◎ルチアーナミノル
前回の競走では、デビュー線から200mの距離短縮した中で、見事に2着から1着へ。今回、鞍上が浜中騎手へ変更なる影響がどんな形で出るか気になるが、馬券圏内は堅いのではないかと思います。

○シングルアップ
過去の競争でも、松山騎手と順調に結果を残してきているシングルアップ。
今回も見事な走りを見せてくれるだろう。

▲ファンタジスト
今回はルチアーナミノルではなく、デビュー戦で1着を飾ったファンタジストタッグを組むことになった武豊騎手の手腕に期待。

△セプタリアン
過去競走では芝1200mで馬券圏内に。小倉の地、鞍上変更の状況がどう作用するかが気がかりなため、今回はヒモとして評価。

☆ブルベアオーロ
高配当を狙うなら、穴馬の時の幸騎手。
ということで、今回も注目の1頭です。

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ