コラム

2018ホープフルステークス考察 今年最後のG1を制すのは誰だ!?

ホープフルステークス

ホープフルステークス考察

去年よりG1に格上げされたホープフルステークス。昨年より以前は、有馬記念がその年最後のG1でした。その有馬記念はブラストワンピースが制覇。
ダービー好走、菊花賞1番人気からの有馬記念勝利といえば、同じ勝負服のシルクジャスティスを思い出します。

同馬は「一発屋」で終わってしまったものの、ブラストワンピースには古馬になってからの活躍も期待しましょう。

ホープフルステークスは2歳馬戦、そして今年最後のG1レースとなります。

昨年の勝ち馬、タイムフライヤーは3歳シーズンはサッパリ。
それ以前のG2やオープン特別の時の方が活躍馬を多数輩出してましたが…。今年はどうでしょうか。

血統からの視点

中山も開催後半に入り、パワー系の血統が台頭。
母父にシンボリクリスエスなどのロベルト系が入って、パワー補完をしておくと良さそう。

サンデー系種牡馬のくくりで話をしても同様で
ステイゴールドやハーツクライなど、パワー寄りの産駒傾向が強い種牡馬の方がいいです。

ディープインパクト産駒の場合は、母方にノーザンダンサーの血が入ってる馬が必須。
軽い配合の場合は人気でも軽視してもOKでしょう。

サートゥルナーリアは母父スペシャルウィーク。
母シーザリオも2400mの勝ち鞍がある事からも、距離の心配はあまりなさそうです。

ニシノデイジーも同様。
有馬記念馬ブラストワンピースはハービンジャー産駒。
この馬の場合は母父アグネスタキオンで素軽さを補完。
東京から中山への馬場替わりは、さらにプラスに向きそうです。

データからの視点

→前走オープン
いきなり不吉なデータを。
このレースが重賞化してから、前走オープン組が苦戦。
▲サートゥルナーリアは素質の違いで、このジンクスを打破できるかどうか。

→前走7頭以下
今年の西日本の開催の2歳戦は特に少頭数のレースが多く、例年のデータ傾向だと減点が必要なのが本音。
▲アドマイヤジャスタ
▲コスモカレンドゥラ

この辺も例年だと減点対象なんですよね…。

→前走東京以外の未勝利戦に出走
文字そのままです。なぜか東京以外からの参戦組は全滅なんですよね…
▲タイセイモナーク
▲ハギノアップロード
▲ヒルノダカール

らへんもマイナスですね。

→前走上がり最速
これはプラスデータ。
中山古馬戦ではこの様な事は起きないのだが、ここは2歳戦。完成度の高さと、最後まで脚をしっかりと使える持続力や集中力が求められる為、この様なデータが現れている事でしょう。

●コスモカレンドゥラ
●ジャストアジゴロ

この辺は最後にプラス1ポイント。

→前走重賞出走、もしくは当日外国人騎手騎乗以外の、前走6番人気以下
▲マードレヴォイスはこれにあてはまります。

→ルメール
もうこの際出します。
過去10年で3着以内6回…。ホープフルステークス出走までには最多勝記録の壁も突破し、気楽な立場になっている事でしょう。
●アドマイヤジャスタは鬼に金棒か?

→1戦1勝馬
重賞になってからは、そこまでこだわる必要がなくなりましたが、素質の高い馬がいきなりの挑戦で勝っていくパターンもしばしば。
●タニノドラマには、少し警戒が必要かもしれませんね。

ホープフルステークスの総括

人気どころになりそうな馬の取捨選択としては
▲サートゥルナーリア
に減点が1つついた位です。
ただ、1週前追い切りの時計が猛烈過ぎたので、その心配も杞憂に終わるかもしれませんが。

ニシノデイジーも減点評価は「表向き」にはないのですが、新馬から数えてキャリア5戦目という所がネック。
とくに、前走が結構しんどいレースだった為、当日気配には注意した方がいいかもしれません。

この馬は2000m経験もない上、根幹距離(400で割れる距離)での出走歴がないのもポイント。
全幅の信頼は置かない方が良さそうです。

同じ東スポ組なら、末脚が目立ったヴァンドギャルドも逆転候補。末脚は安定してるので、あとは枠順さえ極端にならなければ印は必要ですね。

アドマイヤジャスタとブレイキングドーンは新馬戦以来の対戦。
新馬戦はブレイキングが勝ち、そのブレイキングドーンは前走でクラージュゲリエに惜敗。
そのクラージュを札幌2歳ステークスで完封したのがニシノデイジー。
ただ、この力関係の相関図は鵜呑みにしてはいけないと思います。

今年はそんなに荒れないと見ていますが、あとは枠順と追い切りで、最後の印を決めたいと思います。

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ