コラム

2018チャンピオンズカップ ゴールドドリームは回避!ケイティブレイブやルヴァンスレーブ、そしてサンライズの2頭の評価

チャンピオンズカップ

チャンピオンズカップの考察記事となります。

チャンピオンズカップは、旧名ジャパンカップダートとして行われていましたが、施行日程、競馬場、距離の幾多の変更を経て、現在に至っています。

この10年の上位馬の名前を見ても
ヴァーミリアン、カネヒキリ、トランセンド、ホッコータルマエなど、錚々たるメンツです。

ここでは、人気が予想される馬が
「買い」なのか「消し」なのかを見ていきたいと思います。

※執筆途中に、ゴールドドリーム回避の一報が。
とても残念である。大きな怪我でないことを祈るのみだ。

同馬は、元から脚元(歩様)が他の馬と比べて硬い、との関係者談があることからも、そういったリスクを常に伴っていた模様です。
幸いにも軽症で済んだ事、現役生活を脅かす様な怪我でなかったのが救いです。
次走は暮れの東京大賞典とのこと。こちらも期待の1頭です。

※追記※
平田厩舎で、調教中にこういった場面が起きたのは実は初めてではなく
カレンブラックヒル
も、いつかの京都金杯で同様の理由で回避する事案があった。
調整方法が合わないのか、ハード過ぎる調教を課しているのかは解らないが、この様な類での話題で有名になるのは、少し残念でもある。

話を戻して、考察に入りたい。

血統からの視点

中京開催になってからの大きな変化として

→フレンチデピュティの系統
→サンデー系のダート種牡馬の台頭

が、顕著であること。
昨年はゴールドアリュール産駒が1・3着
クロフネ産駒が2着
だった。

人気が予想される組では
●サンライズノヴァ
(父ゴールドアリュール)
である。

…本来ならゴールドドリームも該当していたのだが…

ちなみに、シンボリクリスエスの系統は父、母父ともに不振傾向。
▲サンライズソア
▲ルヴァンスレーヴ
にとっては、ややきになるデータが出た所で、次にいきます。

データからの視点

→今回斤量増
▲サンライズノヴァは、前走武蔵野ステークスは56kg。
チャンピオンズカップにおける、斤量増組の複勝回収率は19%と低く、人気でも惨敗するシーンも多々ある。

▲ルヴァンスレーヴも同様。
前走盛岡南部杯は55kg。今回は56kg。嫌なジンクスを払拭できるか。

→乗り替わり(日本人騎手→外国人騎手は除く)
中京開催になってからの4年の乗り替わり成績は
(2・0・0・20)
である。

(1)ゴールドドリーム
8番人気 ムーア 単勝13倍
(2)サンビスタ
12番人気 デムーロ 単勝66倍

この2件のみ。
想定騎手をまだ確認していないので、詳細は割愛するが
【替】マークには要注意して頂きたい。

→前走1着馬の連勝がないこと
不思議な事に、このレースでは前走で負かしてきた馬にリベンジされる事がよくあるのである。
一昨年はJBCクラシックは3着だったサウンドトゥルーが、そのレースで勝ったアウォーディーをゴール前で差し切りリベンジ。

同じく人気の中心
▲ケイティブレイブは、誰かに足元をすくわれる危険も併せ持っている、ということですね。

馬券としては、2着付けは面白いかもしれません。

馬券の選び方買い方
【初心者用】馬券の選び方 買い方 軸馬の選定方法とオススメ馬券馬券購入したのはいいものの、選んだ馬が3着までに入っているのに、当選金は0。 複勝だったら…ワイドだったら…。 なんてことありま...

最終的な判断は週末に行うこととして、強気な馬券購入策としては、単系馬券(馬単、3連単)ヒモ付けというのも手段の一つか。

ただ、この作戦は同馬が1番人気もしくは2番人気レベルの支持があってこそ。
実績上位ながら、前走で同馬が3番人気にとどまった事を考えると意外や意外、人気は据え置きになるかもしれない。
その際は素直に複系(馬連、3連複)の軸にすると安心。

→前走逃げ
中京1800mは差しがよく届くコースで、穴を開けるタイプは決まって「前走で差し届かなかった馬」である。

▲サンライズソアは自分からペースを作りたいタイプの馬だけに、強力な追い込み馬に屈するとズルズルいってしまっても不思議ない。

→同年東海ステークス勝利、もしくはフェブラリーステークス3着以内馬を除く、前走4着以下

▲インカンテーションが一部紙面上で、好走の気配と書かれているものを見たが、データ上では消しの対象である事を付記しておく。

▲アポロケンタッキーも、モレイラ人気で人気は上がる可能性はあるが、買い要素はないに等しいか。

チャンピオンズカップの総括

各馬に長所短所が見つかり、どの情報を信頼するかに迷う所もあるが

●ケイティブレイブは、連勝できないネタに該当しただけであって、3着以内好走の可能性は十分に高いと思われる。

少なからず、減点評価があったのが
▲ルヴァンスレーヴ
▲サンライズソア
▲サンライズノヴァ

この中で、1番ダメージの少ない減点評価は
▲サンライズノヴァである。

この馬、全7勝のうち6勝が東京という典型的なサウスポーで、今回も左回りの中京だけあって人気は必至だ。

だからといって
「東京と中京は似て非なるコース」
である事だけは覚えておいて欲しい。

そして、関東以西の戸崎騎手の信頼度が一段と下がってしまうことも、懸念材料の一つ。

やはり、素直にケイティブレイブから入るのが無難かもしれない、というのが、今回のまとめである。

おまけ
今回来日する、アメリカのパヴェルという馬について。

ドバイワールドカップ4着という、近年の来日遠征馬の中では、それなりに強豪の部類に入る馬であろう。

○アメリカでも9F(約1800m)戦に良績が集中していること。
○ストームキャットの系統からも、時計勝負よりはスタミナ根比べ、底力勝負になった時には台頭の可能性があること。

○ドンオニール厩舎といえば、フリートストリートダンサーを引き連れて、あのアドマイヤドンを破って、当時のジャパンカップダートを制覇した調教師であるということ。

この点を最後に載せて、今回の記事をまとめさせて頂きます。

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ