コラム

2018年有馬記念の見どころを紹介 競馬を知らなくても楽しめる

有馬記念

1年間で一番競馬が盛り上がる有馬記念。

競馬を知らない人でもお祭り参加する方も多いレースです。

G1としてはホープフルSが実質、最後になるのですが、盛大なお祭り騒ぎができるのは有馬記念ということになるでしょう。

当日の中山競馬場には毎年10万に程の人が集まり、ワイワイガヤガヤと日本競馬最大イベントを楽しむ日です。

そんな有馬記念、テレビ中継もあるので祭りに参加しちゃおう!という方にレースの楽しみ方をお伝えします。

有馬記念特集はこちら

有馬記念特集

有馬記念の見所1 オジュウチョウサン

武豊騎手が騎乗するのですが、この馬はもともと平地障害でG1を勝ち抜いてきた馬。

本日中山大障害レースがありましたが、一緒に戦ってきたアップトゥデイトは落馬。そして今までオジュウチョウサンに乗っていた石神騎手が1位を取った。

障害ってもともと長距離なんですが、オジュウチョウサンは群を抜いて強く、平地でも長距離なら勝てるのでは?とファン投票でも上位に入り、有馬記念に出走します。

サイン馬券という存在をご存知でしょうか?今年のトレンドを模した予想なのですが、平地と障害の二刀流、大谷翔平がトレンドならありえるのかもしれません。

実質的な予想としては、平地のスピード勝負に勝てるのかどうかがカギとなりそうですが、鞍上は武豊。

大逃げした場合、強靭なスタミナで逃げ切る可能性もありそうです。

そして今年の漢字一文字は「災」

災害で障害を連想させるトレンド予想もありました。結果は有馬記念で。

 

有馬記念の見所2 キセキVSレイデオロ

キセキは前走ジャパンカップで逃げて2着。

1着は牝馬三冠をとったアーモンドアイ。

アーモンドアイは有馬記念に出走しませんが、レイデオロとアーモンドアイはどっちが強いのか?気になるレース。

キセキとアーモンドアイは前走のジャパンカップでレコードを塗り替えるレースを行ったため、疲れが残っているのでは?という話も出ていますが、これも結果次第。

レイデオロが1番人気なだけに、馬券を買わずともどんな戦いをするのか楽しみなレースです。

 

有馬記念の見所3 馬券の配当

ここは馬券師ならではの考えだが、馬券の売り上げが日本一のレースとなる。

穴馬が来ることによって、美味しいレースとなりえるのだ。

人気は天皇賞(秋)1着のレイデオロ、ジャパンカップ逃げて2着のキセキに偏るのは分かるが、オジュウチョウサンあなたは期待だけが大きく馬券的妙味がない。

応援するという意味で買われる応援馬券というのがあるのだが、(単複同時に買うと、「ガンバレ!」と馬券に印字される。)それにしても売れすぎだ。

他の馬が来るだけで配当妙味は上がる。去年はキタサンブラックやサトノダイヤモンドにガンバレ馬券も多く、実績もあり人気決着となったのだが…。

今年は狙える馬も多く、ファン投票結果と実績が伴わないオッズの歪みが生じているといっても過言ではないだろう。

もちろんその馬たちがこないとは言えないのだが、もっとおいしい馬券が当たりそうな気配が濃厚だ。

実力を加味して馬券を選びたい。

有馬記念の見所 総括

1年の締めくくりのレースだけあって、このレースで引退を表明している馬が2頭いる。

そういった意味でも1年を締めくくる日本競馬最大のイベントが有馬記念だ。

一度見れば、馬券を買わずとも馬を応援したくなり、競馬に引きづり込まれていくだろう。

是非一度この機会に、競馬って面白いな。と思ってくれたら幸いです。

有馬記念特集はこちら

有馬記念特集

 

無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ