コラム

2018有馬記念特集 リッジマンは長距離適正◎ だがG1のこの舞台では…

リッジマン

有馬記念!

気になる馬をピックアップし、考察を書いていきます。

過去データやほかの馬は特集からチェック!

有馬記念特集はこちら

有馬記念特集

中山ステイヤーズ1着の実力はいかに

ステイヤーズ

引用:netkeiba

メンバーを見て思うことだが、「鬼のいぬ間に」重賞初勝利といった感じだろうか。

ただ長距離をしっかり走れるという面では、過去のレースをみれば分かる通り。

有馬記念のメンバーで好走できるのか?

 

リッジマンの血統面に疑問符?

血統面を見ると、スウェプトオーヴァーボード産駒のステイヤーという点が気になる。

基本的に、スウェプトオーヴァーボード産駒は短距離馬が多いため、血統面で推せるかと言われると難しいところだ。

ラッキーやまぐれではない実力にせよ、好メンバーとは言えず、有馬記念の舞台を考えると善戦できるか微妙なラインかなと。

 

門別競馬出身のリッジマン

最初は門別競馬のダート1000mからスタート。
血統面から分かるように、短距離馬としての血統が有利に運んで1着で勝利した。

門別で3戦したあと、中央競馬に移籍。短距離やマイルでレースを積み上げていくがなかなか勝利できずの状態だった。

駒ケ岳特別(500万下)で2600mの長距離戦を使う。調教中に長距離実績が見いだせたのだろうか?善戦し4着。そこから2000m越えのレースのみに出場している。

先ほどもお話しした通り、血統面なら短距離で進んでいく馬がなぜ長距離馬になったのかは不明だが、ダイヤモンドステークス2着となり、冒頭でお伝えしたステイヤーズステークスで1着を取った。

中山実績もあり、長距離実績もあるこの馬が気になるのは仕方ないことなのではないでしょうか。

ただ、過去10年のデータから見ると、ステイヤーズからきた馬が複勝圏内に来ている馬はいないということ。

中山の長距離実績があるだけに、データを覆す走りをしてくれるかもしれないと期待してる人もいるのではないかと考えています。

 

有馬記念 リッジマンの取捨選択

データで見るなら消しが無難か。

対戦相手のレベルが高くないことがあげられます。

脚を溜めることが出来るのなら直線でステイヤーズステークスのように抜け出せるかもしれませんが、相手は強い。

ただ、穴狙いでヒモに入れて高配当を狙うのは悪くないのかなと思います。

前走同様、手綱を握るのは蛯名騎手。

過去10年で見ると馬券内に馬は入っていないが、ここで穴馬を持ってくることが出来るのか?

当日のレースが楽しみです。

有馬記念特集はこちら

有馬記念特集
無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ