コラム

2018有馬記念特集 1番人気濃厚なレイデオロの考察 JCをスキップしここに焦点を合わせた馬。

レイデオロ

有馬記念レイデオロ考察

1番人気濃厚なレイデオロ。

忖度してまでジャパンカップをスキップし、ここに臨みます。
果たして死角はあるのか。徹底的に調べてみます。

有馬記念特集はこちら

有馬記念特集

レイデオロの血統面から見る

キングカメハメハ産駒の有馬記念を調べてみると、この10年で述べ4頭が馬券圏内に。

→トゥザグローリーとトゥザワールド兄弟で3回
→ルーラーシップが1回

この2頭の共通項は
→母が有馬記念で好走していた
という事である。

トゥザヴィクトリー(2001年3着)
エアグルーヴ(97年3着、98年5着)

レイデオロの母ラドラーダは、勝ち鞍の最長距離が1600mであり、有馬記念はおろか2000m以上のレースへの出走歴さえない。

また、母母方にもseeking the goldという、強烈なミスプロのクロスもあり、いかにも短中距離の色が濃く出ている事がよくわかる。

この時点から、血統面では不安の方が大きい。

有馬記念のデータ面からレイデオロを見る

前走天皇賞秋からの直行データが多くないのが、最大のネック。
最後の連対馬は、ドリームジャーニー(2009年)
元より、直線の長い東京を苦手としていたタイプで、有馬記念を目標に逆算した形が成功した。

その前の事例は、あのダイワスカーレット。
天皇賞の死闘から、結果的には間隔を空けたのが正解だったということか。

もう1つ、気になるデータを
関東馬(1・0・3・30)
過去10年、ゴールドアクター(1、3着)とエアシェイディ(3着2回のみ)

幾多の名馬を送り込んでいる藤沢和雄厩舎とて、ここしばらくは有馬記念とは無縁。
関東の雄として、そろそろ西高東低に歯止めをかけたい所でもある。

有馬記念 レイデオロの総括

人気が予想される割には、かなりの危険要素をはらんでいる。特に血統面。
藤沢厩舎らしく、中山戦では崩れない調教をしっかりしてくるのは確かだが、初のこの距離。
坂上で一旦先頭も、そこから何かに差し返されるシーンも考えないといけない。

実績から考慮しても、▲が最高の評価に止まらざるを得ないか。

有馬記念特集はこちら

有馬記念特集
無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ