コラム

有馬記念特集 ダービー馬のマカヒキはサトノダイヤモンドとラスト勝負!3歳馬レイデオロとのダービー馬対決も見物。

マカヒキ

有馬記念特集!

今回はマカヒキ考察

ダービー馬マカヒキ。
度重なる故障を乗り越え、ダービーで死闘を演じたサトノダイヤモンドと最後の対決。

そして、世代の代表として迎える3歳馬との対決に、レイデオロとのダービー馬対決第2ラウンド。

様々な見方で楽しんでみたいと思います。

有馬記念特集はこちら

有馬記念特集

マカヒキの血統

母ウィキウィキ、姉ウリウリともに短距離馬。
ここからの遺伝が強く出ているのが、キレキレの末脚。
3歳若駒ステークスの上がり32.6秒などは、まさにそれである。

不安点は上述、距離である。
スローペースの、ヨーイドンになったダービーとムーア騎手が力技でなんとかした京都記念。
それ以外は全て2000m戦のみの実績しかない。

ただし、この馬の成績をもう少し紐解くと
右回り(4・2・1・2)
左回り(1・0・0・4)

ダービー馬のイメージが強く、また東京競馬場では古馬の大きなレースが行われる事が多いためなのだが、以外と右回りに良績が集中している。
ここは要注意かもしれない。

データから見るマカヒキ

前走の天皇賞で、今回人気が予想されるレイデオロに決定的な差をつけられてしまっているのがネック。
スタート直後にスワーヴリチャードなどと接触したアクシデントはあったものの、少しこの点は減点必要。

川田騎手以外の日本人騎手とのコンビでは、結果が出ておらず、どちらかといえば、外国人騎手にゴリゴリ追われた方が案外いいのかもしれない。
(しかしケガをよくする、このジレンマ…)

また、前走で馬体重を大きく減らして出走していたのが問題。
有馬記念は馬体重500kgを越えると回収率が上がるため、今回は500kg超で出走してくれれば、チャンスはある。

マカヒキの総括

一昨年のダービー馬が、恐らく人気薄の状態で出走する事となりそうだが、上述右回り、中山競馬場との相性はそんなに悪くはない。

岩田騎手で想定が入っているが、いつかのヴィクトワールピサの様に最内一気を決めるか、正攻法で3コーナーあたりからの進出を開始するかは不明だが、札幌記念のレースぶりを見るに、徐々に復調間近な気配はある。

あとは、当日の馬体重や枠順に左右される点はあるかもしれないが、筆者はこの馬にも▲レベルの評価はしようかと思っている。

 

有馬記念特集はこちら

有馬記念特集
無料登録で競馬予想をゲットしよう!

メアドの登録をするだけで無料情報をゲット!

もちろん有料会員もありますが、無料で的中してからでも遅くありません。

当サイトでも買い目は有料配信しておりますが、値段と的中、回収率を見て考えましょう。

穴馬券を狙ってる人は的中率が低く、一発でも当たれば回収できる面もあります。また、コツコツと馬連などで的中率をあげているタイプもあります。一発でドカンと当てるなら前者、穴馬券で一攫千金タイプは的中率が低く、評価が悪いことがあります。

後者は的中率が高くてもあまり増えた気がしない場合もあり、どちらを選ぶかはあなた次第。

調べると悪評が多く出てる場合もありますが、外れた際に文句を言う人が多く、当たった際はオッズを下げたくないから言わないという人も多いのが事実。

ただ、予想なので絶対はありません。ご自身の使える範囲内で有効に活用してください。

メアド登録だけで無料情報が貰えることを考えると、予想が定まらない時にでも利用するという手もありでしょう。

どちらも登録は無料!予想に悩んだら一度覗いてみてはいかがでしょうか?
ミリオン詳細ページ
プレミアム詳細ページ


詳細ページ